HOME

方向の矢印

ACTIVITIES

方向の矢印

YOGA

方向の矢印

topic

ACTIVITIES

2017.5.25

  • 1

  • 4

ヨガを続けることの意味
~マイペースヨガ講師キヨカのヨガコラム~

マイペースヨガ講師
キヨカ

ヨガを毎日続けたほうがいい理由2つ

続けることの難しさ

続けるための考え方

面倒くさがり屋さんのための続けるコツ

あれ、そういえば…! 気が付いたらできていた。

末永いお付き合いを

一歩一歩登る

こんにちは!駆け出しヨガ講師のキヨカです!
ヨガ講師としての経験はまだまだですが、年齢とともに人生経験もそれなりに積みあがってきました。仕事のストレスや人間関係に悩み苦しんだOL時代を、ヨガとともに過ごした経験から、働く人にもっとヨガを知ってもらいたくて活動しています。
※ヨガにはいろんな流派や考え方があります。人によって受け取り方もそれぞれです。ここで私がお話しするのは長いOL時代の経験から、今の私がたどり着いた考え方のひとつです。これから変化していくことももちろんあります。こういう考え方もあるんだなと思って読んで頂ければうれしいです。

空前のヨガブームを経て、日本でもヨガはメジャーになりました。ヨガスタジオへ通ってレッスンを受ける方、仕事の休憩時間に軽くポーズを取る方、瞑想を取り入れて心と体を休める方など、ヨガとの付き合い方は千差万別です。ご自分の生活や体調にあったやり方でヨガをなさることはとてもいいことですし、それこそがヨガだと私は思います。大切なのは続けること。それが今回のテーマです。

ヨガを毎日続けたほうがいい理由2つ

  • 忙しい毎日の中で、自分の体に意識を向ける時間が精神的・肉体的にとても大切だから
  • 運動不足が解消され、代謝がよくなるから

この2つは朝に行うことでより効果が増すといわれています。

続けることの難しさ

朝と聞いて、途端に面倒になりませんか?続けるだけでも大変そうなのに、朝とは、急にハードルが高くなった気がしますね。かくいう私も朝に弱く、続けることを億劫に感じるタイプですから、正直、やろうとは思いませんでした。それでもヨガが好きだったので、自分にとって都合のよくないこの、「朝」「続ける」の2つをとりあえず無視して、「仕事帰りの時間がある時」に、「だいたい週2回」、スタジオでレッスンを受けていました。ヨガ愛好者の大半がこのパターンだと思います。私は毎日会社へ通って働いていましたので、正直なところ、これ以上は考えられませんでした。一日中働いて、夕方はクタクタ、朝はぎりぎりまで寝ていたい。休日もたまった家事や雑用に追われてゆっくりできない。そんな日々に、毎朝なんて絶対無理だと思いました。でもある日、「続ける」という点については、少し視点を変えてみると意外に簡単にクリアーできることに気付いたのです。

続けるための考え方

週2日であろうと、月に一度であろうと、やめていなければ続けているといえるのではないでしょうか。几帳面な方にとってはそうはいわないかもしれませんが、これが10年間の記録ならどうでしょう。10年間毎月ヨガをしたという事実は「続けた」ということに十分なりえます。「しばらく中断した」でもいいのです。今はしていないけど、まだ続けているという意識を持ち続けることが大切だと私は思うのです。

面倒くさがり屋さんのための続けるコツ

私の場合、かなりの面倒くさがり屋で体を動かすことも好きではありませんでした。それでも続けてこられたのは「ヨガが好き」だからでした。加齢と運動不足対策で受けた体験レッスン後、重く怠かった下半身が軽くなり、夜風が気持ちよかった経験が、私をヨガの世界に誘いました。あの心地よさを求めて、体が自然に動いてスタジオへ向かっていました。
いろんなレッスンがありますが、私のように運動に苦手意識のある方には、心地よさを求めるリラックス系のクラスがおすすめです。肩がこっているとき、動かしたり、マッサージしたりしますよね。その感覚でヨガをするのです。ヨガのポーズはとてもよく考えられていて、的確にかつ効率的に筋肉を動かすことができるのです。

あれ、そういえば…! 気が付いたらできていた。

心地よさを求めてヨガをしているうちにもう1年も続いている。ヨガにはそういうことがよく起こります。ヨガには道具もお金もいりません。体ひとつと、欲をいえばヨガマット1枚分のスペースがあれば簡単にできるのです。肩がこったら、肩がすっきりするポーズをとりましょう。もっと動きのあるクラス、難しいポーズにトライしたいと思う方はどんどんチャレンジなさるといいと思います。私もそうやってだんだんヨガを毎朝するようになりました。朝のすがすがしい空気の中で呼吸し、体を動かすことは最高に心地よいことです。今日は肩の関節が硬いな、呼吸がつまっているな、などと自分の体調を確認しながら自分に向き合う時間は毎日の大切な時間です。たった30分ですが、頭がすっきりして手足がぽかぽかと温かくなり、一日を気持ちよくスタートすることができます。

末永いお付き合いを

10分でも20分でも、マイペースで続けること。もう1ヶ月やっていなかったとしても、また始めればいいのです。そしていつの間にか、あなたの心と体を強くする。ヨガってそういうものだと思います。あなたがそばにいれば、寄り添ってくるもの。ヨガを続ける意味はそこにあるのだと思います。

  • 1

  • 4
下写真

マイペースヨガ講師
キヨカ

長年のOL生活に終止符を打ち、ヨガ講師になる。講師経験は浅いが、 OL時代、ストレスに悩み苦しんだ人生経験を活かし、ヨガがいかに働く人にとって 使えるものか伝えるべく活動している。全米ヨガアライアンス認定200時間修了

RECOMMEND

ページの先頭へ戻る