HOME

方向の矢印

CULTURE

方向の矢印

ART

方向の矢印

MUSEUM

CULTURE

2018.1.10

  • 1

  • 4

【美術館・博物館を訪ねて vol.5】
「飲んでる」と「知ってる」はぜんぜん違う!五感でわかるコーヒーのすべて コーヒーとの過ごし方が変わる充実の展示
~UCCコーヒー博物館 兵庫県神戸市~

 
オフアワーズ編集部 

UCCコーヒー博物館

港町神戸とUCC上島珈琲

日本で唯一のコーヒー専門博物館

充実の展示内容でひも解くコーヒーのすべて

五感をフル稼働 貴重なコーヒー体験

生活の一部になったコーヒーとその未来

UCCコーヒー博物館で充実のコーヒーライフを!

こんにちは!オフアワーズ編集部です。
忙しい毎日が続くと、ああ、美術館へ行きたい、と思うことはありませんか?しんと静まり返った空気の中で五感を研ぎ澄まして展示物と向き合う。そういう時間を大切にしている方、いらっしゃると思います。大きな美術館・博物館から小さな展示会・ギャラリーまで、ロングランの企画展から数日間の個展まで、オフアワーズ編集部がひとつひとつ足を運んでレポートする【美術館・博物館を訪ねて】シリーズ、あなたのアートシーンを彩る1ページになれますように。

港町神戸とUCC上島珈琲

およそ150年前の1868(慶応3)年、港町神戸が誕生しました。それまで小さな漁村に過ぎなかった神戸は海の向こうからやってくる品々、海の向こうを目指す人々とともに急速な発展をとげていきます。そんな中にUCC上島珈琲の創業者上島忠雄の姿もありました。昭和のはじめ洋食材卸業を営んでいた上島忠雄は、ある日コーヒーに出会います。コーヒーは新しいもの好きな神戸の人々に必ず受け入れられる。確信を持った彼はコーヒーの焙煎業を始め、当時流行り始めていた喫茶店の増加とともにコーヒーを神戸の街に広めていったのでした。

UCCコーヒー博物館地図

日本で唯一のコーヒー専門博物館

UCCコーヒー博物館エントランス

日本を代表するコーヒーメーカーとなったUCC上島珈琲が創業の地神戸で開設したのがUCCコーヒー博物館。1981年に開催された神戸ポートピア博覧会のUCCコーヒー館を博物館として改装したものです。コーヒーカップの形をしたパビリオンを記憶されている方も多いかもしれません。現在はコーヒーに大きな影響を与えたといわれるイスラム教のモスクを模した外観をしています。コーヒーをテーマにした館内にはいたるところにコーヒー豆を連想させる仕掛けが施されており、それらを探すのも一つの楽しみです。中でもエントランスホールのアトリウムには、コーヒー豆の粉を漉き込んだ和紙で作られた大きな照明がぬくもりのある空間を演出。幾何学模様の天窓からふり注ぐ自然光はコーヒー豆のふるさと、熱帯地方の太陽を思わせ、訪れる人をコーヒーの世界へ誘います。

充実の展示内容でひも解くコーヒーのすべて

UCCコーヒー博物館展示

一本の苗木から始まり、その起源、栽培、鑑定、焙煎、抽出、そして私たちの口へ運ばれるその喫茶文化までを明らかにした展示は、道具や写真、模型でわかりやすく解説してありその充実度は満点。赤いコーヒーの実や焙煎された豆を見たことはあっても、その使用されている部位や飲み物になるまでの過程を知っている人はほとんどいないと思います。少しでも知っているとコーヒー通と呼ばれること間違いなし!展示内容が豊富なのでひとつひとつ理解するのは大変、という方でも、いずれか気になる展示をひとつだけでもじっくり理解するとコーヒーとの付き合い方が変わることでしょう。

五感をフル稼働 貴重なコーヒー体験

UCCコーヒー博物館テイスティング体験

UCCコーヒー博物館でのお楽しみポイントが、五感でコーヒーへの理解を深められる体験展示です。焙煎前の生豆に触れたり、焙煎機の中で豆がパチパチとはぜる音を聞き、深煎り、浅煎りの香りの違いを体感できるようになっています。テイスティングコーナーももちろんあります。コーヒーへの理解を深めてから、口に運ぶといつもと違った味わいが楽しめます。他にも、コーヒー豆の焙煎体験やおいしい淹れ方の講習なども開催されており(要予約)、特別な体験ができることでしょう。ぜひ、事前にイベント内容をチェック、ご予約の上、ご家族、お友達と参加してみましょう。

生活の一部になったコーヒーとその未来

UCCコーヒー博物館展示

今やコンビニでワンコインで飲むことのできるようになったコーヒー。ひとりでゆっくり味わったり、誰かと打ち解けて楽しむなど、私たちの毎日に欠かすことのできない飲み物として今後も様々な場に登場することでしょう。そんな時、コーヒーのあれこれを思い出してみれば、飲むだけではない思いがけない役割を果たしてくれるかもしれません。

UCCコーヒー博物館で充実のコーヒーライフを!

展示内容の充実はもちろん、訪れる人を楽しませようという工夫が随所に見られたUCCコーヒー博物館。入館料300円はお値打ち。満足して頂けることと思います。ぜひ、神戸へお越しの際は立ち寄ってみてください。

  • 1

  • 4
名称 UCCコーヒー博物館
住所 〒650-0046
神戸市中央区港島中町6-6-2
電話番号 078-302-8880 FAX 078-302-8824
webサイト http://www.ucc.co.jp/museum/
お客様窓口 http://www.ucc.co.jp/customer/
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 毎週月曜日(月曜祝日の場合は翌日)・年末年始
入館料 大人(高校生以上)300円
団体(20名以上)240円
シニア(65歳以上)150円
中学生以下無料
障がい者(介添人1名まで同額)150円
※シニア・障がい者の方は証明できるものをご提示ください。

参考URL

  • UCCコーヒー博物館ホームページ
  • http://www.ucc.co.jp/museum/

 

オフアワーズ編集部

 

RECOMMEND

ページの先頭へ戻る